正しいコーディングで楽々メンテナンス

正しいコーディングを理解して活用する総合情報サイト

楽にメンテナンスをするには?こうすれば良かった

ここまですればメンテナンス性アップ!

HTMLやCSSのコーディングを終えたら、さらに保守性やメンテナンス性を上げるために、もうひと手間加えましょう。
クロスブラウザチェックです。
このクラスブラウザチェックとは、色々なブラウザを用いることで、自分が制作したサイトをチェックすることです。
皆さんが普段よく使う、Internet ExplorerやGoogle Chromeなどで確認することが多いようです。
これらのブラウザで、シェアはほぼ60パーセントを占めていますので、これらでうまく動くことができれば、きちんとコーディングされていると言えるでしょう。
もし、チェックをせずにそのまま用いていて、ある特定のブラウザで自分たちが作成したデザインが崩れてしまって集客失敗・・・なんてことにならないように気を付けてくださいね!

外注も視野に!できないなら頼んでみる

「コーディングが難しすぎて、自分ではもうできない!」
そんな風になってしまったら、外部に依頼してみるのはいかがでしょうか。
個人的なサイトなどであっても、自分でやってできない場合は後のメンテナンスなども心配になってしまいますよね。
お金はかかりますが、プロに頼んでみるのもありかもしれません。
もし、コーディングを外注する場合は、お願いする会社にWebサイトを使ってあなたが何を狙うのか?など、あなたの希望をきちんと伝えておくことが重要です。
依頼した後も、こちらで制作スケジュールを確認しながら、コーディングがなされているかをチェックする必要があります。
また、問題が起きた際の対応や、それにかかる費用なども事前に聞いておきましょう。

▲ ページトップへ戻る