正しいコーディングで楽々メンテナンス

正しいコーディングを理解して活用する総合情報サイト

CSSにもポイント!こうすれば楽ちんに

ルールが大事!決めておこう

正しいコーディングを行うことで、作成はもちろん、後のメンテナンスまできちんとしたいのなら、メンテナンスのしやすさということも重要になってきます。
では、メンテナンスをしやすくするには?
「HTMLやCSSでのコーディング、訳が分からなくなっちゃった!」
「ルールを作ればいいっていっても、どういうふうに作ればいいの?」
ルールを作ることが難しいなら、今ならネットで個人の決めたルールを公開しているところがあります。
まずはその人のルールや、社内のルールに従ってコーディングをして見て、それから自分のくせなどから自分のルールを加えていくと良いでしょう。
ルールに沿って正しいコーディングができるようになれば、メンテナンスもルールから外れたものを見つけるだけでOK!

命名は?きちんと意味がある

CSSのコーディングにおいて、正しく、かつメンテナンス性をアップさせるものは、IDやclass名を一見して意味が分かる名前にしておくことが重要です。
「なんじゃこりゃ?」となってしまうようでは、自分どころか、同じグループの人間も分からなくなってしまって、トラブルの元になってしまいますからね。
パッと見てわかる命名のルールとしては、そのデザインなどの関わる要素や役割を反映したものにすると良いようです。
例えば、「このボタンは赤色ですよ」ということを伝えるのなら、button-redとすれば、すぐに分かりますよね!
自分だけが分かるキーワードなどでは、混乱のもとになってしまいますので、「これはこれ!」とバシッと分かるものを命名するのがプロのおススメです!

▲ ページトップへ戻る