正しいコーディングで楽々メンテナンス

正しいコーディングを理解して活用する総合情報サイト

「コーディングって何?」そんな疑問を解消!

HTMLを使って

コーディングの違いはWebユーザーからは見えにくいですが、サイトの裏側までチェックする検索エンジンにおいて、HTMLによるコーディングの記述は重要になってきます。
また、個人ではなく、複数のグループでサイトの作成をするときは、一貫したルールなどが無いと、記述に揺れや間違いが出てしまうことも。
自分以外の人間がHTMLコーディングを見て、理解できなければ、メンテナンスどころか、作業効率も落ちてしまうことになってしまいます。

ここでは気を付けるべきポイントを見ていきましょう!
HTMLコーディングのポイントの一つは、HTMLとCSSの役割をきちんと分けることです。
HTMLは文章構造を記述することに対して、CSSはより細やかな、見た目やデザインを構成するものです。

もっと活用してみよう!

また、Webの規模が大きいと、スタイルの記述が競合してしまう倍意があることを考慮し、classをつけると楽に。
保守性やメンテナンス性も向上させることができるはずです。
制作会社によっては、これがルールとして反映されているところも多いようです。
次に気を付けるポイントは、class名・ID名はシンプルに記述すること。
その場で適当につけてしまうなんてご法度。
故人での作業はもちろん、グループ作業においても混乱が生じてしまいます。
どのclassにどんなものを反映させているのかが分からなくなってしまうと、無駄な記述が増えてしまい、メンテナンス性も低下してしまいます。
それぞれを分かりやすくルール化しておけば、無駄が減って、メンテナンス性もアップ!

▲ ページトップへ戻る