正しいコーディングで楽々メンテナンス

正しいコーディングを理解して活用する総合情報サイト

HTMLを使ってコーディング!注意点

「コーディングに困っている・・・」
「webデザインに興味があるけど、コーディングって何?」
どちらの方もいらっしゃると思います。
ここでは、コーディングとは?
どのように行うのか?
この二点を中心に見ていきたいと思います。

まず、コーディングとはネットのサイトのデザインを、より見やすくしていくことをいいます。
ネットのデザインを作っただけですと、文字がずらっと並んでいるだけで見にくいですよね。
皆さんもそのようなサイトを見たことがあるのではないでしょうか。
しかし、コーディングを行えば、とっても見やすい、インパクトのあるデザインをできるようになるんです!
同じ大きさの文字がずっと続いていくだけの文章よりも、見出しは大きな文字で、大事な部分はカラーで書かれているサイトの方が見やすいですよね。

また、コーディングはHTMLやCSSに沿ってデザインを制作していく過程で、Web政策において、なくてはならない大事な工程なのです。
HTMLとは、Webを作るうえでの一番基礎的な部分。
コンピューターが理解するための言語のことを指します。
CSSは、HTML文書における、表示やデザインをしていくもの。
先ほどで言えば、大きな文字にしたり、カラーにしたりといったことがこの点に当てはまります。

コーディングは一貫性も必要です。
ルールの無いままに、「ここは赤色、あっちは黄色・・・」としてしまうと、後のメンテナンスも大変!
正しいコーディングを行えば、あとがラクラクになりますよ!

「コーディングって何?」そんな疑問を解消!

HTMLを使ってコーディングを行うのは、基本中の基本ですよね。 しかし、その基本をおろそかにすることで、後のメンテナンスが面倒になってしまうことがあるのです。 「そんなこと、知っているよ!」という情報を見直すことによって、あとを楽にできるようにしましょう。

CSSにもポイント!こうすれば楽ちんに

HTML文章を作成した後、または作成中に、CSSを気にかけてやるのは大変ですよね。 どうやれば、作成するのも、また後のメンテナンスをもっと楽にすることができるのでしょうか。 デザインはやりっぱなしはダメ。 ここでは楽にするための情報提供のお手伝いをしていきたいと思います。

楽にメンテナンスをするには?こうすれば良かった

最初にコーディングをどんどんやっていくことは、おそらく多くのWebデザイナーの方は簡単にできてしまうと思います。 しかし後のメンテナンスのことまで考えるとどうですか? ここでは、後のメンテナンスを楽にするコーディングについて一緒に考えていきましょう!

▲ ページトップへ戻る